岩瀬投手、金字塔も通過点「まずはクリア」

竜の守護神が新たな金字塔を打ちたてました!
マツダスタジアムでカープ戦。
3-2で迎えた9回裏、岩瀬仁紀投手がマウンドへ。
1四球を与えたものの無安打無失点で締めて、今季20セーブ目。
プロ野球史上初となる10年連続20セーブを達成です!

試合は0-2で迎えた8回表に平田良介選手が適時二塁打、山崎武司選手が代打同点打。
9回表に森野将彦選手が勝ち越しの犠飛を放ち、岩瀬投手の登板へつなげました。

画像

岩瀬投手の今季成績は16日現在、31試合登板、1勝1敗20セーブ、防御率1.47。
それでは敵地でのヒーローインタビューをお届けします!

「1点差だったので気を付けて、一人一人丁寧にいきました。

(みんながつないで逆転)
こういう形で来たので『絶対勝って終わる』という気持ちでいました。その通りになれてよかったです。

(今季の自身の出来は)
ここまで体調よくきているので、何とか維持して、後半戦、いい形でいけるようにやっていきたいと思っています。

(前人未到の10年連続20セーブ)
1年間、自分がしっかりしていれば絶対できると思っている数字なので、まずはクリアできてよかったです。

(達成できた要因は)
そうですね、もう体調に尽きますね、はい。

(ファンの皆様へ)
明日、前半戦ラストなので、何とか勝って終わりたいと思います」

17日もマツダスタジアムでカープ戦。
ドラゴンズの予告先発は大野雄大投手、カープはバリントン投手。
午後6時プレーボールです!

"岩瀬投手、金字塔も通過点「まずはクリア」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。