平田選手「真っ芯」の2戦連発

若き大砲が2戦連発です。
9日、那覇でタイガース戦。
平田良介選手が劣勢の4回、バックスクリーンへ放り込む一発を放ちました。
試合は2ー6で敗れました。

劣勢の中で集中力を高めていました。
0ー3で迎えた4回表2死無走者、平田選手の放った打球はぐんぐん伸びてバックスクリーンへ!
2戦連発の5号ソロとなりました。

「打ったのは外甘めの真っすぐ。真っ芯だったので、打った瞬間入ったと思いました」

打順を5番に上げて臨んだこの日。
クリーンナップの責任感も力になりました。

「次はランナーがいるときに打てるように頑張ります」

との言葉を残して、右翼の守備へ向かった平田選手。
次打席は6回、ランナーなしの場面でしたが、中前へ安打を放ちチャンスを演出しました。

第1打席の四球と合わせて3出塁。
ひたすらに勝利を目指して、フルスイングを続けます。

10日も那覇でタイガース戦。
ドラゴンズの予告先発は西川健太郎投手、タイガースはスタンリッジ投手。
午後7時プレーボールです!

"平田選手「真っ芯」の2戦連発" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。