ルナ選手の流儀

頼れる4番が今日も打線を牽引しました。
ほっともっとフィールド神戸でバファローズ戦。
エクトル・ルナ選手が先制弾含む2安打で連続試合安打を22に伸ばしました。
試合は3ー6で敗れました。

先制弾は2回の第1打席でした。
左翼最上段へ特大の6号ソロ!

「打ったのは真っすぐ。完璧にとらえたよ」

初対戦の投手を相手に、カウント2ボール0ストライクから最初の一振りで決めました。

ルナ選手は攻撃中、ベンチにいてもグラウンドから目を離しません。
汗を拭ったり水分を取ったりするのも、すべてベンチで済ませています。

「ドミニカ共和国ではベンチを離れる習慣がないからね」

と、さらり。
試合開始からゲームセットまで、一枚のアンダーシャツで臨みます。
試合への集中力やリズムをつくるために、ベンチ裏でアンダーシャツを着替える選手が多い中、これがルナ選手の流儀。

4番打者だから、最初の打席の前に味方の打者3人への投球は見られます。
試合前に頭に叩き込んだデータと、自らの目で吸収したデータを融合して打席へ。

投手が代わっても、類いまれな集中力でその繰り返し。
9回2死、こちらも初対戦の投手から安打を放ったのも、ルナ選手の流儀が生んだものでした。

23日もほっともっとフィールド神戸でバファローズ戦。
ドラゴンズの予告先発は大野雄大投手、バファローズは海田智行投手。
午後6時プレーボールです!

"ルナ選手の流儀" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。