次につなげ―大島選手から5連打

中盤の5連打で一度は逆転。「次につなげ」の意識が得点に結びつきました。
ナゴヤドームでベイスターズ戦。
4-9で敗れました。

3点を先行される苦しい展開で迎えた5回裏。
先頭で打席に入った大島洋平選手が、直球を思い切り引っ張ると、打球は右翼席へ。
今季1号ソロは追撃ののろしとなりました。

「こういう展開なので、何とか塁に出ようとだけ考えていました」

2番・荒木雅博選手が中前打、3番・和田一浩選手が右中間を破る適時三塁打で1点差。
続く4番・エクトル・ルナ選手が右中間へ同点の適時二塁打。

「内野が下がっていたので、セカンドゴロを打つ意識だった」

さらに5番・森野将彦選手が右越えに適時二塁打を放ち勝ち越し。

「追い込まれていたので、何とかランナーを進めようと食らいついていきました」

それぞれの言葉に共通するのは、 なりふり構わず塁に出て、走者を進め、次につなげようという意識。
打線が文字通り、「点」でなく「線」として機能した証でした。
終盤8回に逆転を許しこの日の勝利はなりませんでしたが、劣勢の中で見せた連打は次戦の勝利への種になるはずです。

6日は神宮でスワローズ戦。
ドラゴンズの予告先発は山内壮馬投手、スワローズは松岡健一投手。
午後6時プレーボールです!

"次につなげ―大島選手から5連打" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。