準備、集中、必死

京セラドーム大阪でタイガース戦。
試合は3-4で敗れました。

ドラゴンズが先制して、逆転されても追いつき、再度勝ち越されてもまた追いつくー。
粘り強く戦った選手たち。
試合中の言葉が、強く印象に残りました。

4回表1死一、二塁、左翼へ先制適時打を放った井端弘和選手
「打ったのは真っすぐ。追い込まれていたので、真っすぐとフォーク、どちらも頭にありました」

1-2で迎えた6回表1死無走者、左翼へ1号同点ソロを放った和田一浩選手
「打ったのは真ん中の真っすぐ。ミスショットしないで打つことができました」

2-3で迎えた7回表2死三塁、中前へ同点適時打を放った大島洋平選手
「打ったのは真っすぐ。何とか同点に追いつこう、と必死でいきました」

頭に入れる「準備」、狙い球を逃さない「集中」、そして最後は「必死」。
次につながる戦いを見せてくれました。

3日も京セラドーム大阪でタイガース戦。
ドラゴンズの予告先発は中田賢一投手、タイガースはスタンリッジ投手。
午後6時プレーボールです!

"準備、集中、必死" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。