つくる

ナゴヤドームでジャイアンツ戦。
延長10回、1-1で引き分けました。

ナゴヤドームでなんと18戦負けなし。
原動力になったのは、3か月ぶりに復帰登板の川上憲伸投手でした。
5回5安打1失点。先発の役割を果たしました。

「かたくいきすぎました。
 守る時間が長くて攻撃のリズムをつくれませんでした」

降板直後のロッカールーム。
口を突いたのは反省でした。

硬い表情がふと緩んだのは、居合わせた山本昌投手から、
「試合つくったぞ!」とたたえられたときでした。
川上投手はうなずくと、広報に向き直り、

「試合はつくれたと思います」

と話してくれました。

川上投手の力投にナインも応えました。
0-1で迎えた9回裏。
1死から和田一浩選手が二塁打で出塁。
2死二塁となってから、谷繁元信捕手が157キロの直球を中前に弾き返し、
同点の適時打。川上投手の、そしてチームの黒星を消しました。

先月誕生日を迎えた和田選手は40歳。
谷繁選手は今年42歳になります。

先月37歳になった川上投手も、二人にかかれば若手。
力のある球で、復活を印象付けてくれました。

14日もナゴヤドームでジャイアンツ戦。
ドラゴンズの予告先発はソト投手、ジャイアンツはホールトン投手。
午後2時プレーボールです!

"つくる" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。