【藤野ブログ】ヒーローはルナ選手&平田選手!

頼れる3&4番で全4点を叩き出しました!
ナゴヤドームでジャイアンツ戦。
4番の平田良介選手が1点を追う4回無死一塁、バックスクリーンへ逆転の1号2ラン!
3番のエクトル・ルナ選手は5回の2点適時二塁打を含む猛打賞!
試合は4-3で勝利です!

画像

二人で上がったお立ち台。
ヒーローインタビューをたっぷりとお届けします!

まずはルナ選手。

「(貴重な追加点となる2点適時二塁打)
とっても嬉しいです!
なかなか打てなくてチームも勝てなかったですけれど、今日はいいところで打ててチームも勝てたので、とっても嬉しいです。

(場面は5回1死満塁)
犠牲フライを狙っていたんですけれど、もっといい結果になって良かったです。

(1本目のヒットは平田選手の逆転弾を呼び込むチャンスメーク)
僕がヒットを打って、平田選手がホームランを打ったところはチームも盛り上がりましたし、これでいける、という感じになりましたので、とてもいいヒットだと思いますし、平田選手も素晴らしいホームランだと思います」

続いて平田選手。

「(逆転弾の手応えは)
完璧でした!
チポ(ルナ選手の愛称)が絶対打つと思ったので、チャンスでくるだろうと打席に立ちました。

(4番で初ホームラン)
いいプレッシャーを感じながら、1試合1試合できています。

(去年、お立ち台が一番多かったのは平田選手)
今年は遅めだったかもしれないですけれど、これからもっといっぱいお立ち台に立てるように頑張ります。

(大島選手から1、2、3番が塁に出て4番の平田選手へ回る。理想的な形ができつつある)
大島さんも皆さんもすごく打率が良くて、調子がいいので、ランナーありの場面が多いので、もっといっぱいチャンスで決められるように頑張ります。

(4番としておいしい場面が増えてきますね)
そうですね、そのときにチキンハートにならないように頑張ります!」

再びルナ選手。

「(ファンの皆様へ)
引き続き熱い応援をお願いします。全力で戦います!」

次戦は8日、ナゴヤドームでスワローズ戦。
午後6時プレーボールです!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 100

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2014年04月07日 00:25
藤野さん、皆さん、こんばんは!

うふふー、やってくれましたよね、ちゃんと(#^^#)
これでしょ。
そっか、『チポ』ておっしゃるのね。ふふ。
なんかカワイイ感じですが
ほんと、頼りになるお方であります。
平田りんもスカッと気持ちよかったぁーーー!!

それぞれの、やるべきことをしっかりと。
うむ!さ、たくさん勝っていきましょーーー(^O^)/
2014年04月08日 12:24
今朝の中スポを見ながら思った事は、小笠原選手が侍なら、谷繁監督は忍び、周平選手しかりエルナンデス選手しかり、岡田投手しかり、異変に気づきながら様子を見る。自分の場合は、耐えるのは、嫌いではないが、待っのは嫌い。谷繁監督は生まれつきの捕手なのかも知れません。忍者の生態は、分からないですが、徳川家康の影に、服部半蔵あり?同じ事を見極めるなら、忍耐も必要かも知れません。