武藤投手「1球の重み」で好リリーフ

1球の重みを感じて投げたリリーフでした。
1日、東京ドームでのジャイアンツ戦は、7投手をつぎ込み、ベンチの内外野手も全て出場する総力戦。
中継ぎの武藤祐太投手が延長12回裏に登板、1球でアウトに仕留めて後続にバトンを託しました。
試合は延長12回、2-2で引き分けました。

2-2で突入した最終12回裏の守り。
相手打線に右打者が3人並ぶ打順の巡りで、右腕の武藤投手が6番手としてマウンドに上がりました。
先頭打者を1球で内野ゴロに仕留め、左打者の代打がコールされたところで、左腕の岡田俊哉投手にスイッチ。
勝利がない展開で、踏ん張っての引き分けに貢献しました。

前日のリベンジの機会でもありました。
同じジャイアンツ戦で7回に登板、安打に四球で走者をためてしまったところで、バックスクリーンへ3ラン。
強烈な一撃を食らいました。
試合には勝ったものの、痛恨の1球に、悔しさばかりが募りました。
この試合の勝利投手は仲良しの田島慎二投手、それも1球での白星でした。

一夜明け、武藤投手が投じたのは、竜投が費やした205球のうち、たった1球。

「一番しんどい場面でした」

引き分けに大きく貢献する「されど1球」で、東京ドームでの今季対決をがっぷり四つの5勝5敗1分で終えました。

次戦は3日、マツダスタジアムでカープ戦。
午後6時プレーボールです!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 71

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年09月01日 23:45
藤野さん、皆さん、こんばんは!

めっちゃ疲れた~~~~!
・・・テレビ見てるだけなのに(^^;)

武藤さんのしんどさの足元にも及びません。えへ。
そっか、今日のここの主役は武藤さんなんだ!
て、ちょっと意外だったけど
なんか嬉しいです~~~(*^-^*)
ふふ。負けなかったね!踏ん張ったもん!

ようし!よし!9月頑張るぞ!!
うひー、負けられないじゃーーーん。
・・・あと、これ以上ケガ故障だけはナシでーー('_')